総量規制の「対象外」と「適用外」

      総量規制の「対象外」と「適用外」 はコメントを受け付けていません。

キャッシングにおいては基本的な話ですが、消費者金融などのノンバンク系の金融機関からの無担保融資には総量規制が適用される為、年収の1/3が借りられる上限になっています。これは貸金業法による規定で、元々この法律が適用されない銀行や信用金庫からのキャッシングは”総量規制の対象外”と呼ばれることがありますが、厳密には「対象外」ではなく、「適用外」となります。そのような借り入れは元々総量規制という規定の適用を受けないからです。

本来の意味で総量規制の対象外と呼べる借り入れは、ノンバンク系に例外として認められている借り換え専用の”おまとめローン”と”目的別ローン”のことです。前者は他社からの借り換えとなりますが、この借り換えにも決まりがあり、ノンバンク系からの無担保融資による借り入れだけに限られています。よって、銀行からの借り入れやショッピングローンの残高はおまとめ対象とはならないので注意してください。

目的別ローンはその目的の為にお金を貸すローンで、主に引越し費用や結婚費用、進学費用などといった業者側が予め用意している目的と一致すれば、総量規制の対象外として年収の1/3を超える借り入れが可能です。また、この目的別ローンでは同じ金額を借りたとしても通常のフリーキャッシングより金利が優遇されていることがほとんどなので、何かの目的の為にキャッシングをしたい場合にはその為のローンがあるかどうかを調べてみるといいでしょう。